仙台市青葉区仙台駅前の眼科クリニック。白内障/緑内障/アレルギー/コンタクトレンズ・眼鏡処方

 

機器紹介

◇自動視野計
緑内障の検査機器として、自動視野計を設置し、より短時間で正確な視野検査ができます。 自動視野計
◇ モニター付スリット
モニターに目の状態を写し、丁寧に診察します。 自動視野計
◇ スペキュラーマイクロスコープ
スペキュラー
◇OCT
OCT(Optical Coherence Topography: 光干渉断層計)とは、網膜(カメラで例えるとフィルムにあたる部分)の断層画像を撮影する検査です。
加齢黄斑変性、黄斑上膜、黄斑円孔などの黄斑部疾患や網膜疾患を早期発見、診断をするためにとても有用です。
緑内障の診断と進行の評価をするのにも、とてもすぐれた機器です。通常の視野検査では検出できないような早期緑内障の検出も可能になっております。視野検査が苦手な方の緑内障の診断にも、OCTと合わせて検査し評価することで正確な診断ができるようになりました。
◇ 眼圧計
非接触式眼圧計で、緑内障、高眼圧症のスクリーニングを行います。 眼圧計
◇ 眼底カメラ
目の奥の部分(網膜・眼底)の写真を撮影します。網膜疾患、黄斑部疾患、高血圧性眼底、糖尿病網膜症の診断、判定に有用です。 眼底カメラ
◇ オートレフケラトメーター
機械の前にある台にアゴをのせて、機械の小さい窓から中の絵を見るだけで、自動的に屈折を検査することが出来ます。 オートレフケラトメーター